123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-09-15 (Sat)

この映画って邦題が不思議な発明ってついてるから何の発明?
この機械人形が自分の意思で動き出すようになるのか?というファンター映画と思ってました。
ところが違ったんです。古き良き時代の映画に対するオマージュだったんだ。
月世界旅行のジョルジュ・メリエスに捧げたんだよね。
アメリカ版ニュー・シネマ・パラダイスみたいなものかな。
ヒューゴとおもちゃ屋の老人との触れ合いが本当によかった。
スコセッシ監督の映画を愛する気持ちが伝わってくる映画でした。
CGを使って派手な演出ばかりのハリウッド映画とは一味違った作品でしたよ。

ヒューゴ

ハートにしみる映画だったなぁ。邦画のタイトルは内容とは合ってなかったけど…。


| 映画のこと | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。