123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-08-06 (Mon)

イラクでテロリストに拉致られて棺に入れられ埋められている状態でストーリーは進んでいく。
ライアン・レイノルズ、彼一人しか出てこない。
箱のなかには携帯があって、その携帯でFBIとかに電話してテロリストの要求を伝えて…
助かるの?助からない?いや、最後は助かるよね。
と、最後までハラハラ…、しかも狭い、暗い箱の中で息が詰まりそう(((゚Д゚)))
テロリストの容赦なさや、FBIのテロリストへの対応とかって現実はこんなもんなんだろうな。
サスペンス映画なのかと思ってたけど、反戦映画だよね。
イラクのテロリストとアメリカの影の部分。今もこんなことが続いているんだろうな…。
そしてラスト、助かる!助かる!と思った。
なのにひどいわ、涙出そうなくらい無情でした。
そういや、「スペイン一家監禁事件」も非情だったけどこれもか
スペインって非情ね(´・ω・)カワイソス

リミット


| 映画のこと | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。