12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-04-22 (Sun)

恐くて、哀しい、悲しい、ストーリー。

母親の愛を軸にオカルトとミステリーがうまい具合に絡んでる作品です。
子供失踪の謎もちゃんと消化してるし、その誘導にうまくオカルト要素を使ってもいる。
パンズ・ラビリンスもそうだったけどほんと、
ギレルモ監督のすくわれないエンディングがつらいです。
終盤、息子を見つけた時のあの絶望感はなんとも言えなかったな。
でもね、物語の主人公はこれで幸せなんです。
ってそういうふうに思えてくる。

永遠のこどもたち

ホラーなのに泣けてくる映画でした。



| 映画のこと | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。