12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-01-24 (Tue)

解離性同一性障害、俗に言う多重人格を認めない精神分析医のカーラ。
ある日彼女は、道で倒れていたデヴィッドという青年の診察を行うことになった。
すると彼に突然別の人格らしきものが現れ、態度が豹変してしまう。
しかしカーラはこの現象をデヴィッドの愉快犯を演じていると考え、彼の身辺を探ってみることに。
調べていくうちに、デヴィッドは25年前にすでに亡くなっていることがわかり……。

シェルター

サイコキラーの映画だと思ってたんだよね。
多重人格とか全然関係ないっす。実はオカルト映画だったわけよ。ひょぇ~!
オカルト!そこで、オカルト映画としてみればけっこう面白かった。
オカルト的にはオチもよかったと思う。
けどこの作品の意図がまったくわかりません。
なぜ?なぜ?なんで…?と追求したくなる。
ジョナサン・リース・マイヤーズの演技はちょっと凄かったな。
ナタリーもびっくりの熱演だったよ。


| 映画のこと | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。