12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-28 (Mon)

貴族のブーリン家は、世継ぎに恵まれない国王ヘンリー8世に長女アンを差し出す。
彼女が世継ぎの男児を産めば、一族は富と名声が得られる。
しかし、王が目をかけたのはアンの妹メアリーで……。
後に英国黄金時代を築くエリザベス1世の母となるアン・ブーリンと、
その妹メアリーの王の寵愛を巡る確執を描く歴史劇。


またもや、ナタリー・ポートマンです。
いや~、ナタリーのファンというわけではないですが、ほんとこの人の演技力すごいなー。
ラストの処刑のシーンでのナタリーに脱帽!もちろんスカーレット・ヨハンソンもいいです。
ストーリーは実話ということですが、
悲しすぎる運命というか、姉妹なのに王の寵愛をめぐってこんなにも残酷になれるんだと思いました。

ブーリン

でも国王ヒドイやつだなぁ!そんなにコロコロ気持ちが変わっちゃってさ、許せん!
あきたらポイかよ。女子の敵だなぁー。



| 映画のこと | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。